第20条 (紛争処理及び損害賠償)
1. 会員は、本規約に違反することにより、又は、本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対し、その損害を賠償しなければなりません。
2. 会員間又は会員と第三者との間で、本サービスに基づく会員間の取引に関して紛争(クレーム処理を含む)が生じた場合、当該紛争について当社の責に帰すべき事由がない限り、当社は一切関与せず、会員は自己の責任と負担において紛争を処理するものとします。なお、会員は、当社に対し、紛争処理の結果を報告するものとします。
3. 会員による本サービスの利用に関連して、当社が、第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、会員はそれに基づき当社が第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

第21条 (個人情報の取り扱い)
当社は、会員の個人情報を別途定める「個人情報保護方針」に従い取り扱うものとし、会員は、このことに同意するものとします。

第22条(秘密保持)
1. 本規約において「秘密情報」とは、本規約に関連して、一方当事者が、相手方より書面、口頭若しくは磁気記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は、本サービスに関連して知り得えた、相手方に関する技術、営業、業務、財務又は組織に関する全ての情報を意味します。但し、(ア)相手方から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は、既に知得していたもの、(イ)相手方から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(ウ)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(エ)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(オ)相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
2. 当社及び会員は、秘密情報を本サービスの目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
3. 前項の定めに拘らず、当社は、本サービスの提供に必要な範囲で、会員に対し、会員および売却を希望する各種の財やサービスに関する当社が定める一定の範囲の情報を提供するものとします。また、当社は、会員の登録事項その他の顧客情報に関しては、当社のサービスをより良いものとするため当社の業務に利用し、また、当社の子会社(当社が50%以上の株式又は持分を有する会社)に移転して、当該子会社の業務に使用することができるものとします。
4. 第2項の定めに拘わらず、当社及び売却希望者は、法律、裁判所又は政府機関の強制力を伴う命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければならなりません。
5. 会員は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については、第2項に準じて厳重に行うものとします。
6. 会員は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面、電磁的記録その他の媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第23条 (権利の譲渡等)
1. 会員は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定又はその他の処分をすることはできません。
2. 当社は本サービスの営業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に関する利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、本項に基づく利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録事項その他の顧客情報の譲渡につき本項において予め同意するものとします。

第24条 (完全合意)
本規約は、本規約に含まれる事項に関する本規約の当事者間の完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当事者間の事前の合意、表明及び了解に優先します。

第25条 (分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。